ブラジルサッカー連盟、チッチ監督続投の意向…W杯ではベスト8敗退も

コメント()
PATRIK STOLLARZ
ブラジル代表監督は次のW杯でも指揮を取ることになりそうだ。

ロシア・ワールドカップで準々決勝敗退となったブラジルだが、ブラジルサッカー連盟(CBF)はチッチ監督続投の意向であると『マルカ』が報じている。

今大会での優勝が期待されていたブラジルは6日、準々決勝でベルギーと対戦。しかし1-2で敗れてW杯敗退が決まった。

ベスト8止まりと期待に答えられずに終わったセレソンだったが、CBFはここまでの指揮官とコーチングスタッフの功績を評価。チームの雰囲気も良好であり、解任の理由はないとし、2022年カタールW杯でも引き続き指揮を委ねる意向であるとスペイン紙は報じている。

ブラジル代表の次なる目標は、来夏に母国で開催されるコパ・アメリカ優勝。なお、日本もゲスト国としての参加が決まっている。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
1トップは北川!日本代表が4強懸けたベトナム戦のスタメン発表!負傷明けの大迫は温存
次の記事:
札幌、河合竜二が引退を発表…フロントスタッフ就任へ「今、目の前のことを全力で」
次の記事:
驚異のシャビ、アジア杯の大会前予想で8強の7カ国を的中。日本代表は決勝進出を予想も…
次の記事:
ベトナム国内の盛り上がりは最高潮…国営TVの日本戦広告料はロシアW杯決勝並みに
次の記事:
「日本のレベルは高いが…」ベトナムメディアが指摘する森保ジャパン3つの弱点
閉じる