フランス代表DFパヴァール、シュトゥットガルトで幸せであることを強調

コメント()
Getty Images
今夏、バイエルン行きが噂された有望株だが…。

シュトゥットガルトに所属するフランス代表DFバンジャマン・パヴァールが、バイエルン・ミュンヘンへ移籍することで合意に達していたとの報道を否定した。フランス紙『レキップ』が報じている。

パヴァールとシュトゥットガルトの契約は2021年まで残されているものの、今夏はバイエルン行きが盛んに報じられた。一部では、来夏の移籍で合意に至っているとも伝えられている。

しかし、フランス代表としてUEFAネーションズリーグの一戦を控えるパヴァールはそういったうわさを否定。シュトゥットガルトで幸せであることを主張している。

「どことも契約にサインしていないよ。僕はシュトゥットガルトにいて、ここで満足している。キャリアプランとしては、もう1シーズンはドイツにいるだろうね。僕はドイツでも素晴らしいファンのいる、とても大きなクラブにいるんだ。このクラブは家族のようで、僕が求め、好きなものだ。とても居心地がいいよ」

パヴァールはブンデスリーガ開幕2試合でフル出場。しかし、いずれも無得点で敗れている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ネイマール、ペレのダイブ批判についに返答「リスペクトするが納得はしない」
次の記事:
ナポリ指揮官アンチェロッティ、主力欠場でも上位に勝利で自信「何かが起きるはず」
次の記事:
【LIVEテキスト速報します】森保ジャパン、いざ頂きへ!日本代表vsサウジアラビア代表
次の記事:
イングランド代表での時間を楽しむサウスゲート「名誉に思うし、特権的ポジション」
次の記事:
「優勝候補だが期待以下」韓国紙が森保ジャパンを酷評…サウジとは「大きな差はない」
閉じる