ピルロ氏の伊代表コーチ落選の理由を連盟トップが明かす「彼がベンチに座ると…」

コメント()
(C)Getty Images
イタリアサッカー連盟の実質トップであるロベルト・ファブリチーニ氏は、アンドレア・ピルロ氏の入閣が実現しなかった原因を挙げた。

FIGC(イタリアサッカー連盟)のコミッショナーを務めるロベルト・ファブリチーニ氏が20日、イタリア国営放送『Rai』のラジオ番組『ラディオ・アンキオ・スポルト』に出演し、アンドレア・ピルロ氏について言及した。

イタリア代表では、5月に元ゼニト指揮官のロベルト・マンチーニが監督に就任し、新体制が発足した。当初、アシスタントコーチには、昨年11月にMLSのニューヨーク・シティで現役引退を迎えたアンドレア・ピルロ氏が就任することが有力とみられていたが、指揮官の下で長年スタッフを務めてきたアンジェロ・アダモ・グレグッチ氏が任命されたことで波紋が広がった。ピルロ氏がオファーを拒否したのではないかという憶測が出回り、元イタリア代表のレジェンドが自ら否定し、事態を収拾することになった。

FIGCにおいて実質的なトップに立つファブリチーニ氏も、ピルロ氏の代表スタッフ入り落選についての舞台裏を語っている。また将来的にマエストロの入閣が可能であることを示唆した。

「アンドレア・ピルロとは、交渉が進められていた。契約状況について確認するとの名目で彼とは一度だけ話をした。だが彼はチャンピオンズリーグ関連のテレビの仕事を受けており、便宜上、そして透明性を保つためにも、連盟の条件には合わないように思えた。もし彼がベンチに座った場合、肖像権に関して抵触するような条項も含まれていた。もちろんアッズーリへの扉を私が開くとか閉じるとかはありえない。彼に対し、代表の扉は常に開かれているのだからね」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
「1位が良い、2位が良いではなくしっかり勝つことだけ」酒井宏樹がグループ最終戦へ意気込み
次の記事:
ケガの状態に明言避ける大迫勇也…若手に奮起促す「気持ちは分かる。でもこんなチャンスはない」
次の記事:
長友佑都が徹するベテランの役割…本田ら例に上げて若手に助言「周りも見ないくらいチャレンジしていた」
次の記事:
トッテナムに激震!ケインが左足首靭帯損傷で6週間離脱…ソン・フンミンも離脱で得点源2人を欠くことに
次の記事:
前回王者オーストラリア、大苦戦も劇的勝利!2位で決勝Tへ…FIFAランク109位ヨルダンが首位通過/アジア杯
閉じる