ビダルやボアテングが怒り...バイエルンは「レアル贔屓の判定」の影響で負けたのか

コメント()
Getty Images
ジュネイト・チャクル主審のジャッジに疑問の声

バイエルンは1日のチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦でレアル・マドリーと対戦した。敵地サンティアゴ・ベルナベウで2-2と引き分けたが、2試合合計スコア4-3で敗れて準決勝敗退が決まった。

スペイン『ムンド・デポルティボ』紙によれば、バイエルンは「マドリー贔屓の判定」の影響を受けたという。同紙はジュネイト・チャクル主審が全般的にマドリー寄りのジャッジを下していたと指摘。「(バイエルン監督)ハインケスは正しかった。CLで優勝するには運が必要だ。そして、審判の助けも」とも記している。

とりわけ波紋を呼んだのは前半にDFヨシュア・キミッヒのクロスが相手DFマルセロの手に当たったかにみえた場面だ。この試合を欠場したDFジェローム・ボアテングは「PKじゃないのか? 頼むぜ」と、MFアルトゥーロ・ビダルは「またか。くそったれのPKだ」とそれぞれソーシャルメディアを通じて状況を嘆いた。

バイエルンは昨季もCLでマドリーに敗れ、ベスト8で敗退している。その際にもビクトール・カサイ主審のジャッジが物議を呼んだ。

一方、マドリーは3シーズン連続でCL決勝に進出。前人未到の三連覇に王手をかけている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
「1位が良い、2位が良いではなくしっかり勝つことだけ」酒井宏樹がグループ最終戦へ意気込み
次の記事:
ケガの状態に明言避ける大迫勇也…若手に奮起促す「気持ちは分かる。でもこんなチャンスはない」
次の記事:
長友佑都が徹するベテランの役割…本田ら例に上げて若手に助言「周りも見ないくらいチャレンジしていた」
次の記事:
トッテナムに激震!ケインが左足首靭帯損傷で6週間離脱…ソン・フンミンも離脱で得点源2人を欠くことに
次の記事:
前回王者オーストラリア、大苦戦も劇的勝利!2位で決勝Tへ…FIFAランク109位ヨルダンが首位通過/アジア杯
閉じる