バレンシア戦で3試合ぶり出場の乾貴士、スペインメディア「両足使うのが苦手なようだ」

コメント()
(C)Getty Images

29日のリーガ・エスパニョーラ第35節、エイバルは敵地メスタージャでのバレンシア戦をスコアレスドローで終えた。この試合ではMF乾貴士が、3試合ぶりに出場を果たしている。

ホセ・メンディリバル監督曰く「病気」の影響により、前2試合を欠場した乾は、このバレンシアとの一戦で3試合ぶりに出場を果たして83分までプレー。前半には積極的なプレッシング、ドリブルを披露し、後半にはDFマルティン・モントーヤを股抜きでかわしてペナルティーエリア内に侵入する場面もあった。

ただしスペインメディアの採点は、チャンスに絡まなかったこともあってやや低め。『マルカ』『アス』とも、乾をエイバルのほかの攻撃陣と同様に3点満点で1点だったと評している。また『マルカ』は寸評で、乾が利き足の右足だけしか使えないことを指摘している。

「今日は少しずつ存在感を薄めていった。両足を使うのが苦手のようだ」

なおエイバルはリーガ第36節で、ジローナとのアウェー戦に臨む。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる