バルセロナ元会長、花道つくらなかったレアル・マドリーに…「CL決勝では最低限の幸運すら祈らない」

コメント()
FC Barcelona

バルセロナ元会長のジョアン・ガスパール氏が、同チームに対して花道をつくらなかったレアル・マドリーの方針に苦言を呈している。

6日のリーガ・エスパニョーラ第36節バルセロナ対レアル・マドリー(2-2)で、レアル・マドリーは同リーグ王者のバルセロナに対して花道をつくらなかった。ジネディーヌ・ジダン監督はその理由を、自チームがクラブ・ワールドカップで優勝した際に、バルセロナが花道をつくらなかったためであると説明している。

このクラシコの直前にスペイン『モビスタール・プルス』とのインタビューに応じていたガスパール氏は、レアル・マドリーの花道をつくらない方針には正当性があるとしながらも「無作法を無作法で返してはいけない」と指摘。またその方針がジダン監督ではなく、クラブ幹部が定めたことであるとの見解も述べている。

「ジダンには正当性がある。おそらく、バルサもマドリーに対して花道をつくらなければならなかったのだろう。だが、無作法を無作法で返してはいけない。マドリーは無作法だ」

「しかしジダンが花道をつくらないと決めたわけではないだろう。それはクラブの問題だ。マドリーはかわいそうなジダンに、悪役となることを押し付けたんだよ」

ガスパール氏はまた、チャンピオンズリーグ決勝リヴァプール戦を控えるレアル・マドリーについて「最低限の幸運も祈らない」と話し、優勝の夢が絶たれることに期待を寄せた。

ガスパール氏はバルセロナの暗黒期とされる2000年から2003年まで同クラブの会長を務めた。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる