バルセロナで戦力外のP・アルカセル、アラベス移籍は消滅…行き先はドイツに?

コメント()
Getty Images

バルセロナで戦力外となっているFWパコ・アルカセルの移籍先は、ドイツになるのかもしれない。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

2016年にスペイン代表FWの看板を背負って、バレンシアから鳴り物入りでバルセロナに加入したP・アルカセル。しかしカタルーニャのクラブでは出場機会に恵まれず、今季にはエルネスト・バルベルデ監督の構想外となっている。

そんなP・アルカセルの獲得に一番に名乗りを挙げたのはアラベスだったが、レンタルでの獲得を目論んだ同クラブは、高額な年俸を負担し切れないことで結局は断念。そして現在、移籍先候補に挙がるのはベティス、そしてドイツのクラブのようだ。同選手はドイツのクラブから好条件のオファーを提示され、そのことはバルセロナも認知しているという。

ただし、P・アルカセルは決断を急ぐことなく、熟考してから移籍先を決断する模様。なおP・アルカセルとバルセロナは、2021年まで契約を結んでいる。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ユーヴェ指揮官、C・ロナウドのPK失敗に「実は朝の練習でも失敗だったんだ」
次の記事:
「数日前からイグアイン退団の雰囲気がある」ミラン監督代行がジェノア戦後に認める
次の記事:
昌子源が公式戦2試合連続フル出場…トゥールーズが延長PK戦を制しフランス杯16強進出
次の記事:
カタールからの関心も、中島翔哉の選択肢はあくまで欧州のみ…本人が明言
次の記事:
未だ行方不明のカーディフFW…古巣ナント指揮官ハリルも悲痛「最悪の事態だと思われる」
閉じる