バルセロナが1月にも積極補強?即戦力ストライカーとGKをリストアップか

コメント()
getty Images
ストライカーとGKを補強?

今夏積極補強に動いたバルセロナだが、1月のマーケットでもチーム強化に動く可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

アルトゥーロ・ビダルやマウコムなど、今夏の移籍市場で1億2000万ユーロ(約156億円)近くを投じたバルセロナ。チャンピオンズリーグ(CL)ではグループ2連勝を飾ったが、リーガでは現在4試合勝利から見放されており、首位の座をセビージャに譲っている。

リーガのタイトル、そして4季ぶりのビッグイヤー獲得へ向け、バルセロナは1月にも補強に動くようだ。『マルカ』によると、冬のマーケットでストライカーとGKの補強を希望しているという。

同メディアによると、クラブのテクニカル部門はチームに即戦力を加えたい考えだという。特にストライカーは、絶対的主力のルイス・スアレスが来年には32歳となり、本人も以前に全試合でフル出場することは難しいと語っている。現状下部組織出身のFWムニルが控えているが、クラブはここまでのパフォーマンスに満足していないと言う。そこで即戦力の補強を考えているようだ。

候補としては、今季7試合で9ゴールとセリエA得点ランクトップに立つジェノアFWクリシュトフ・ピアテクが上がっているようだ。

また、バルセロナはGKの獲得にも動くようだ。テクニカル部門はマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、ヤスパー・シレッセンには満足しているが、オランダ代表GKは控え扱いに不満を持っており、今夏も退団に動いていたという。そのため、1月のシレッセン退団を恐れるクラブは、候補をリストアップしているようだ。

バルセロナは1月のマーケットではどのような動きをみせるのだろうか。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
バルセロナに電撃移籍したボアテングの後釜にバロテッリ?サッスオーロに提案か
次の記事:
J王者・川崎Fが欧州強豪クラブと対戦!『Jリーグワールドチャレンジ』が7月に開催決定
次の記事:
日本vsベトナムの主審はウズベキスタン戦担当のモハメド氏…準々決勝からVARも導入
次の記事:
K・P・ボアテング「大きな夢が実現した」バルサ入りに歓喜…23日国王杯で早くもデビューか
次の記事:
PSGの相次ぐ中盤の離脱に…トゥヘルが補強を望む「この状況はとても、とても深刻」
閉じる