バルサ会長、グリーズマンについて問われ「他クラブの選手に敬意を」

コメント()
Griezmann
Getty

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン獲得について、意見を述べている。

アトレティコと2022年まで契約を結んでいるグリーズマン。だが今年7月1日に契約解除金が2憶ユーロ(約260億円)から1憶ユーロ(約130億円)に引き下げられるとみられ、バルセロナが関心を寄せているといわれている。

バルトメウ会長はスペイン『カタルーニャ・ラジオ』で次のように話している。

「我々は他クラブで働く選手に最大の敬意を抱いている。今シーズンが終わったばかりだ。選手獲得・選手放出について話すのは7月1日以降だ。それはグリーズマンに限らず、ほかの選手でも同じだ」

「我々は来シーズンを見据えて動いている。今シーズンは成功だったと考えているが、毎年向上しなければらない。しかし、それは7月以降の話だよ」

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる