「バイリーは二人三脚でもしていたのか?」G・ネヴィル氏が古巣のDF陣に辛辣なコメント

コメント()
Getty Images
マンチェスター・UのOBはDF陣にリーダーがいないと嘆いた。

元マンチェスター・ユナイテッドのギャリー・ネヴィル氏は、今シーズン初黒星を喫した古巣に苦言を呈した。

19日に行われたプレミアリーグ第2節でマンチェスター・Uは敵地でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。27分までに2失点を喫したマンチェスター・Uは、ロメル・ルカクのゴールで1点差に詰め寄るも前半終了間際に三度ゴールを許す。試合終了間際にPKからポール・ポグバが得点を挙げるも万事休す。このまま2-3でマンチェスター・Uが敗れている。

『スカイスポーツ』でこの試合の解説を行ったネヴィル氏は、エリック・バイリーとヴィクトル・リンデロフのセンターバックコンビに何か言わなければ気が済まないようだ。

「以前のバイリーを私は気に入っていた。しかし、今日の彼は二人三脚をしているようだった。脚を結び合わせていれば立ち上がることさえも難しいことが分かるだろう。PKを与えた軽率なプレーだけではない。バイリーもリンデロフもむやみに飛び込み過ぎだ。それに彼らはやりにくそうにも見える」

「良いセンターバックコンビは、1人がリーダーとなり、もう1人が脇役に徹する。しかし、ユナイテッドのセンターバックを見ると彼ら全員が脇役としてプレーしたいように映る。彼らにはリーダーが必要だ。良いDFはいるが、リーダーシップを持てるような選手は見当たらない。シティの(ヴァンサン)コンパニ、リヴァプールの(ビルヒル)ファン・ダイク、それにチェルシーのジョン・テリーを見ればわかるが、ユナイテッドにはここ数年そのような存在がいない」

「センターバックが崩れれば、プレミアリーグで戦っていくことはできない。(ジョゼ)モウリーニョはこの夏にディフェンス陣をまとめられる選手の獲得を望んでいたが、彼は誰1人として手にできなかった」

また、元リヴァプールのグレアム・スーネス氏も「バイリーは彼自身が立っている場所を理解していないし、頭の中身がどこかに行ってしまっていた。それにユナイテッドの選手は1対1に弱い。(アンドレアス)ペレイラもフレッジも中盤はポゼッションすることだけに喜びを感じているみたいだ」と糾弾した。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
前回王者の豪州、ウズベクとのPKに及ぶ死闘を制して8強入り!準々決勝は開催国UAEかキルギスと激突
次の記事:
名審判イルマトフの笛に…判定基準に苦しんだ原口「取りに行けば全部ファウルに…。あの中で賢く守れた」
次の記事:
レアル・マドリー、ポルトの21歳ブラジル代表DFミリトンと個人合意…契約解除金5000万ユーロ支払いへ
次の記事:
成長続ける20歳・冨安健洋、吉田らベテランとの最高の関係「練習中から…」
次の記事:
バルセロナ加入濃厚のボアテング、過去に「バルサよりレアル・マドリーが好き」と発言
閉じる