バイエルンCEO、レヴァンドフスキへの信頼を強調「彼を疑うなんて馬鹿げている」

コメント()
Getty Images

バイエルン・ミュンヘンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが、FWロベルト・レヴァンドフスキを擁護している。

1日にチャンピオンズリーグ準決勝第2戦でレアル・マドリーと対戦するバイエルンだが、この試合を前にエースであるレヴァンドフスキを批判する声が挙がっている。レヴァンドフスキは第1戦(1-2)で決定機を逸する場面がみられた。

しかし、ルンメニゲCEOはポーランド代表FWをかばっている。スペイン『アス』がコメントを伝えた。

「下らない論争だ。バイエルンの全員を馬鹿にしているようなね。レヴァンドフスキは今シーズン、39ゴールを決めている。我々はレヴァンドフスキがバイエルンにいることを喜んでいる。来シーズンも残ってくれるように願っているよ」

ルンメニゲCEOはまた、レヴァンドフスキを元ドイツ代表のゲルト・ミュラー氏と比較している。

「レヴァンドフスキはゴールを量産する機械だ。ゲルト・ミュラーを思い起こさせる。ゲルトは数字の面で一番だった。8試合から10試合ノーゴールの試合があっても、2~3試合でその分を取り返してしまうんだ」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
国王杯準々決勝の組み合わせが決定…5連覇を目指すバルセロナはセビージャと激突
次の記事:
香川真司の去就もついに決定?ドルトムントSD、戦力整理について「話を進めているところ」
次の記事:
日本が参戦するコパ・アメリカのポット分けが発表…組み合わせ抽選会は24日に開催予定
次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
閉じる