バイエルンCEOがパヴァールの獲得報道を否定…一方でレアル復帰がうわさされるハメスの残留を明言

コメント()
Getty Images
ルンメニゲ氏は一部で報じられたシュツットガルトDFとの合意を否定した。

バイエルン・ミュンヘンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが、獲得が噂されるバンジャマン・パヴァールとの合意を否定した。

ロシアでのワールドカップで、優勝したフランス代表の右サイドバックとして活躍した、シュツットガルトのパヴァール。同選手の獲得にバイエルンは強い関心を示しており、先日にはドイツ『SWRスポーツ』が双方が移籍に合意したと報じた。さらに、クロアチア代表として史上初の決勝進出に貢献し、ニコ・コヴァチ監督の古巣フランクフルトでプレーするアンテ・レビッチにも関心を寄せると考えられている。

新戦力の獲得に関してさまざまな憶測が飛ぶ中、バイエルンのルンメニゲCEOは会見で「我々はレオン・ゴレツカ、セルジュ・ナブリ、2人の新戦力と契約を結んだ。さらに支出する可能性があるのか、新たな新戦力を獲得するのか…様子を見てみよう」と言葉を濁すも、パヴァールの合意報道は全面的に否定した。

「パヴァールに関して唯一言えることは、うわさについてコメントしたくはない。それに昨日、SWRが合意したと取り上げていたが、そんな事実はまったくもってない」

また、レアル・マドリーから2年間のローンでバイエルンに加入するも、スペインのクラブが復帰を目論むとされるハメス・ロドリゲスについても言及。「彼の契約ははっきりしている。スペインで広がっている話は事実ではない。ハメスはバイエルンで今シーズンもプレーすると確信を持って言えるよ」とレアル・マドリーに復帰する可能性を否定した。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

閉じる