ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

バイエルン、チェルシーの18歳に4度目のオファー…48億円+背番号10を提示か

11:06 JST 2019/01/09
Callum Hudson-Odoi Bayern Munich

バイエルン・ミュンヘンがチェルシーのカラム・ハドソン=オドイ獲得に向けて4度目のオファーを送ったことが分かった。『Goal』の取材で明らかになった。

幼少期からチェルシーでプレーし、昨シーズンにファーストチームデビューを飾ったハドソン=オドイ。将来を嘱望される18歳の期待の若手は、今シーズンここまで全公式戦8試合に出場し、徐々に出場機会を得られるようになっている。また、クラブは同選手との2020年夏に満了を迎える契約更新を目指しているものの、依然として合意には至っていない。

以前からハドソン=オドイ獲得に興味を持つバイエルンは、昨年12月よりアプローチを開始。すでに、1350万ポンド(約19億円)の最初のオファーを提示すると、その後2000万ポンド(約28億円)、3000万ポンド(約41億円)と提示額を上乗せするも、チェルシーが拒否する状況が続く。

3度のオファーを断られても諦めないバイエルンは、4度目のオファーも提示した模様。ユヴェントスやレアル・マドリー、ドルトムントなどもハドソン=オドイ獲得に関心を寄せる中、最も熱心な姿勢を見せるドイツ王者は今回、3500万ポンド(約48億円)ものオファーを送り、さらに同選手のお気に入りの背番号である10番のユニフォームを与える条件も追加したようだ。

しかし、チェルシーは18歳の若手FWの移籍金を4000万ポンド(約54億円)と見込んでおり、さらにマウリツィオ・サッリ監督やコーチのジャンフランコ・ゾラ氏も同選手の放出に反対の立場を取っている。

サッリ監督は、先日の会見で「彼はイングランドの選手だ。だからドイツに行くことが賢明だと思えない。彼は非常に若く、将来がある。ここ、イングランドで、代表チームとチェルシーで、最高の未来が待っている。チームに残ることが彼にとって最善だ」と移籍に徹底抗戦の構えを見せた。

チェルシーでの出場機会の少なさに不満を持つとも考えられるハドソン=オドイだが、今冬にどのような決断を下すのだろうか。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ