バイエルンの6連覇!HSV史上初の降格…今季のブンデスリーガまとめ

コメント()
(C)Getty Images
2017-18シーズンのブンデスリーガ全日程が終了。欧州カップ戦出場権、そして降格チームを振り返る。

ブンデスリーガは12日、2017-18シーズンの全日程が終了した。

王者バイエルン・ミュンヘンの史上初の6連覇で幕を閉じた今季のブンデスリーガ。途中指揮官交代もあったが、バイエルンはユップ・ハインケス監督のもとで2位と21ポイント差をつける圧倒的な力を見せつけて優勝を飾った。

チャンピオンズリーグ出場権を獲得したのは、バイエルンの他、シャルケ、ホッフェンハイム、ドルトムント。ヨーロッパリーグ(EL)は、レヴァークーゼン、ライプツィヒ。また、DFBポカール決勝に進出しているフランクフルトは、優勝すればEL出場権獲得。敗れた場合、7位のシュトゥットガルトに出場権が回ることになる。

一方、2部へ降格するのはハンブルガーSV(HSV)とケルン。入れ替え戦には、ヴォルフスブルクが回ることとなった。

ブンデスリーガが創設された1963-64シーズン以来、一度も降格したことがない唯一のチームだったHSV。しかし、55年目にしてこの記録は途絶えている。

以下、ブンデスリーガ順位まとめ。

優勝:バイエルン
2位:シャルケ
3位:ホッフェンハイム
4位:ドルトムント
==CL出場圏内==
5位:レヴァークーゼン
6位:ライプツィヒ
==EL出場圏内==
7位:シュトゥットガルト
8位:フランクフルト
9位:ボルシアMG
10位:ヘルタ・ベルリン
11位:ヴェルダー・ブレーメン
12位:アウグスブルク
13位:ハノーファー
14位:マインツ
15位:フライブルク
==残留圏内==
16位:ヴォルフスブルク
==入れ替え戦圏内==
17位:ハンブルガーSV
18位:ケルン
==降格==

▶ブンデスリーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる