ニュース ライブスコア
日本

ハリルはポジティブすぎる?ウクライナに完敗も「4、5回チャンスは作った」

6:47 JST 2018/03/28
2018-03-27-JAPAN-Vahid Halilhodzic
ウクライナには内容で完敗し、現在地を痛感させられた日本。しかし、ハリルホジッチ監督は悲観ばかりはしていない。

ウクライナ代表を相手に厳しい現実を突きつけられた日本代表だが、指揮官のヴァイッド・ハリルホジッチはポジティブな面を強調する。

日本は27日、ウクライナと対戦して1-2と敗れた。ハリルホジッチ監督はウクライナを評価しつつ、その中でチャンスを作れたことには一定の満足感を示した。記者からは、槙野智章の同点弾もセットプレーからだったとし、それほど明確な決定機は作れなかったのでは?と質問も飛んだが、中堅国を相手にチャンスを作った回数は十分だったと主張する。

「決定力の課題というものは、世界中のどのチームも抱えています。試合を通して4回か5回くらいチャンスを作れていました。(今回の)対戦相手は、カンボジアやシンガポールではないので、そんなに多くのチャンスは作れません。これでも多いほうだと思うし、相手よりも多くの決定機を作ったと思います」

一方で、「20回の決定機を待っているようでは勝てない」と決定力に不満を示し、少ないチャンスを決めきる選手をこれまでも、これからも探すと話した。

また、メンバー選考にも言及。ケガによりレギュラークラスの選手を5~6人招集できなかったことを認めつつ、中島翔哉は「発見だった」と語る。

「多くの人たちにとってはサプライズだったかもしれないが、長い間われわれは追跡していました。2試合とも交代で入ったが、満足のいく姿を見せてくれましたね。W杯に向けてチームを編成するとき、その中にスピードやパワー、様々な要素を入れていく必要があります。23人の中島翔哉を選ぶわけにはいきません。特徴をミックスしていかないといけないが、現時点で言えることは最終メンバーを選ぶのは大変な作業だということ。しっかり作成しなければなりません」

節々でウクライナの力を高く評価し、その中で善戦したと話すハリルホジッチ。しかし、日本のサッカーファン、メディアが今回の2試合で不信感を抱いたことはほぼ確実で、ロシア・ワールドカップへの見通しは明るくないものとなっている。

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ