ハメス、決定的なミスを犯したウルライヒを擁護...「これまで何度も僕たちを救ってくれた」

コメント()
Getty

バイエルン・ミュンヘンMFハメス・ロドリゲスが、同僚のGKスヴェン・ウルライヒを擁護している。

チャンピオンズリーグ準決勝でレアル・マドリーと対戦したバイエルン。ホームの第1戦を1-2で落とし、背水の陣でアウェーの第2戦に挑んだ。

バイエルンは第2戦でDFヨシュア・キミッヒの得点で先制に成功した。しかし前半のうちに1点返されると、後半開始早々にウルライヒがバックパスを後逸する痛恨のミスを犯す。これを相手FWカリム・ベンゼマに決められ、ハメスのゴールで追い上げたものの、2試合合計スコア3-4で敗れた。

だがハメスはウルライヒをかばっている。スペイン『アス』がコメントを伝えた。

「ウルライヒに責任を押し付けるべきではない。彼はこれまで、何度も僕たちを救ってくれた。僕たちは要所要所でミスをしてしまった。第1戦、第2戦、どちらの試合でもね。フットボールはそういうものだ」

ハメスは勝利したマドリーを祝福している。

「バイエルンは(決勝進出に)近づいていた。素晴らしい試合をしたと思う。でも、結果が付いてこなかった。レアル・マドリーがラウンドを突破したのは、良いプレーを見せたからだ」

ハメスは古巣マドリー相手の得点を祝わなかった。また、交代時には前本拠地サンティアゴ・ベルナベウの観衆から拍手喝采を浴びている。

「ゴールを祝わなかったのは、僕がマドリッドで幸せだったから。観客が僕に大きな拍手を送ってくれたことには、感謝している。それは僕がレアル・マドリーで良い仕事をしたという証だからね」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
攻守で支えるロバートソン、リヴァプールと新たに5年契約…2024年まで延長
次の記事:
韓国紙が森保Jの決勝T苦戦を予想。自国の優勝へは期待感「イランと日本を避けた最高の組み合わせ」
次の記事:
51歳・中山雅史が契約更新「沼津の発展のために全力で貢献」…2012年以来のJ出場を目指す
次の記事:
三浦弦太「自分たちで難しい局面に」…押し込まれる時間帯は「余裕があった」と手ごたえ
次の記事:
佐々木翔、元同僚・塩谷のスーパーゴールに「久々にあの人の大砲を見た」
閉じる