ネイマールは“過剰演技”?ピッチに倒れていた時間はW杯4試合で「14分」

コメント()
Getty
ロシア・ワールドカップで活躍を見せるブラジル代表FWネイマールだが、少々“過剰演技”を見せているのかもしれない。

ロシア・ワールドカップで活躍を見せるブラジル代表FWネイマールだが、少々“過剰演技”を見せているのかもしれない。

史上最多6度目の優勝へ向け、準々決勝まで勝ち上がったブラジル。グループリーグ初戦はスイスと1-1で引き分けたものの、それ以降は試合巧者ぶりを見せつけ、無失点で8強入りを決めた。優勝候補の名にふさわしい戦いを見せている。

そんな中で、ネイマールも4試合で2ゴール1アシストを記録。大会前はケガの影響が心配されていたが、さすがのパフォーマンスを見せている。

しかし、ネイマールのピッチ上での振る舞いには批判も上がっている。決勝トーナメント1回戦で対戦したメキシコ(2-0でブラジル勝利)のフアン・カルロス・オソリオ監督は、「1人の選手のせいで時間を無駄にしてしまった。やりすぎた演技をすべきではない」と批判。ファールを受けた際、過剰に痛がる様子に不満を漏らしていた。また、元ブラジル代表MFゼ・ロベルト氏も「骨折したかのように痛がっていた。こんな姿をブラジル国民は見たくなかった」と厳しい意見を述べている。

アメリカ『Bleacher Report』によると、ネイマールがここまでの4試合でピッチに倒れていた時間は「14分」だという。これは全体の「4%」に及び、深刻な負傷もなく全試合フル出場を果たしている選手にしては、少々長過ぎるようだ。

世界最高峰の選手であるがゆえ、相手チームの標的にされやすいネイマール。スイス戦では大会史上2番目となる10回のファールを受けていた。しかしそれを考慮しても、少々“過剰演技”なのかもしれない。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
次の記事:
モウリーニョ本の著者が語るスペシャル・ワン失敗の理由…レアル帰還の可能性も?/独占インタビュー
次の記事:
「頼れる存在がいなくなったことで、今シーズンは違ったチームになる」。内田篤人が語る鹿島、小笠原、そして…
次の記事:
モウリーニョが語る時代の変化…「監督は練習を指導する人間で、規律を守らせる役割ではない」
次の記事:
G大阪MF二川孝広、関西1部へ完全移籍「JFL昇格を実現するため全力で戦う」
閉じる