「ネイマールと対戦したかったが…」レアルDFはジダンの采配に理解を示す

コメント()
Getty images
モロッコ代表のアクラフ・ハキムがジネディーヌ・ジダン監督の起用法について言及した。

レアル・マドリーに所属するモロッコ代表DFアクラフ・ハキムが、ジネディーヌ・ジダン監督の起用法について自身の見解を述べている。

モロッコ代表の右サイドバックに定着しつつあるアクラフだが、マドリーではスペイン代表DFダニ・カルバハルにレギュラーを譲っている。また、同選手が欠場した際にも、ジダン監督は本来センターバックであるスペイン代表DFナチョ・フェルナンデスをサイドバック起用することが多々ある。

アクラフはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦パリ・サンジェルマン戦を振り返り、「ネイマールと対戦してみたかった。それは本当だよ。でも、監督はナチョを起用した。あれで良かったと思う」と述べ、次のように続けた。

「がっかりしたかって? そうではない。監督はナチョを選んだ。彼は良いプレーをした。それで準々決勝に進んだのだから、満足しているよ。監督を助けるために、僕はいるんだ」

一方、ポジションを争うカルバハルに対し、悪い感情を抱くことはないと強調している。

「カルバハルは、僕にとってお手本のような存在だ。彼は僕と同じで、カンテラーノ(下部組織出身)だしね。そして今では、レギュラーを勝ち取っている」

「カルバハルは世界最高のサイドバックだと思う。僕はいつも彼を見て、何かを吸収しようとしている。彼のプレーが好きなんだよ」

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる