ナポリ会長、中国移籍志願のハムシクを慰留せず「毎回断れなかった。監督も承諾」

コメント()
Getty Images
ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、中国移籍が迫るマレク・ハムシクについて言及した。

▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は4日、今夏のプレシーズン合宿について記者会見を開いた際、MFマレク・ハムシクについて語った。

ナポリのレジェンドであるハムシクは、2007年夏にブレシアからナポリに加入。時にはビッグクラブからオファーが届いたこともあったが11年半にわたってチームに忠誠を尽くしてきた。だが今冬、スロバキア代表MFの大連一方移籍は決定的となっており、ナポリ会長はハムシクとのこれまでのエピソードを明かした。

「何年も前にロンドンで(代理人を務めていたミーノ)ライオラと会った。(元ミランCEOのアドリアーノ)ガリアーニと一緒にマレクをミランへ連れて行こうとしていたが、私は断った。それから(元インテル会長のマッシモ)モラッティから電話をもらったが、止めるように伝えた。(ユヴェントス監督のマッシミリアーノ)アッレグリは以前からマレクを評価していて、ユーヴェでも彼を欲しがっていた」

「そしてマレクは昨夏、中国移籍を志願した。彼のような礼儀正しい選手に対して、毎回『ノー』と言うことなどできなかった。私は彼が本気かどうか尋ねた。だが私の要求額が高すぎたこともあり、実現はしなかった。それに加えて、新しい指揮官が就任し、彼からハムシクを奪うことはできなかった」

「それからハムシクは、中盤の選手層に余裕がある今、移籍を願い出た。だから(カルロ)アンチェロッティは承諾した。私はマレクに、『もし退団しても、ここはずっと君の家だ』と伝えた。彼はナポリに自宅を構えているし、素晴らしい思い出だ。それに“私が彼の移籍を拒否したときは常に酷いプレーだった”というのは事実ではない。彼は模範的なプロだよ」

▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

DAZN2ヶ月無料

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる