ニュース ライブスコア
セリエA

ナインゴラン、貧しい幼少期を告白「何度か過ちを犯した。空腹で食べ物を盗んだ」

17:26 JST 2018/05/01
Radja Nainggolan Roma
ローマのラジャ・ナインゴランは幼少期を振り返り、過去の過ちを告白した。

ローマに所属するベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが30日、イギリス紙『ザ・タイムズ』のインタビューに応じ、幼少期のエピソードを明かした。

アジア風の顔立ちから“ニンジャ”の愛称でローマっ子に親しまれるナインゴランは、ベルギー生まれだがインドネシア人の父を持つ。ローマMFは幼少期を振り返り、つらい日々を送っていたことを告白した。

「俺のオヤジはインドネシアに帰国してしまい、母子家庭だった。母はしんどかっただろう。毎月の支払いを滞らせないために、3つの仕事を掛け持ちして懸命に働いていた。成長するには難しい環境だった」

「俺は実際、ストリートで育ったようなものだ。家はあったが、いつも遅くまで外にいた。学校の勉強には集中できなかったよ。何度か過ちを犯したこともある。小さいものだが、食べ物を盗んだことがある。お腹が空いていたんだ。あまり良い時期ではなかったよ」

2005年、17歳のときにセリエBピアチェンツァの下部組織に加入し、イタリアへやって来た。だが新たな環境に馴染めず、わずか半年後にはベルギーに戻ることも考えていた。

「最初は簡単ではなかった。あまりにも大変だったので、半年で家へ帰りたかった。言葉は違うし、イタリア人のメンタリティも違う。家族からも離れていた。だが人生において何かをつかみたければ、そのために戦う覚悟がなければならない。考え直して、その場にとどまった」

なおナインゴランの母親は2010年、数カ月にわたるガンとの闘病生活の末、亡くなった。その後、生き別れた父親とも再会を果たしているが、再び疎遠になったと話す。

「母の死? 家にいた俺の(双子の)妹の方がつらかったようだ。俺はイタリアにいたから。オヤジとは、2013年頃インドネシアに行ったときに再会した。だがその後、金目当てで俺に連絡してきた。だから連絡はまた途絶えたよ」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ