ドイツDFフンメルス、まさかのGL敗退に呆然「言葉を見つけるのは難しい。悲しい夜だ」

コメント()
Getty Images
ロシア・ワールドカップから姿を消す事となったドイツ。マッツ・フンメルスは、「言葉を見つけるのは難しい」と心境を吐露した。

ロシア・ワールドカップは27日にグループFの最終節が行われ、ドイツが韓国に0-2と敗れグループリーグ敗退が決定した。DFマッツ・フンメルスは、落胆のコメントを残した。

グループリーグ最大の波乱が起きた。グループFの最終節で、ドイツは韓国と対戦。ドイツはなかなかゴールを奪えずにいると、後半アディショナルに韓国がセットプレーから先制点を挙げる。その後全員が上がって攻めたドイツだが、逆にカウンターから2失点目で万事休す。前回王者がまさかの敗退となった。

マッツ・フンメルスは、試合後ドイツ『ZDF』に対し落胆のコメントを残した。

「言葉を見つけるのは非常に難しい……。今日も最後まで信じていた。0-1となったあとも勝利を目指したけど、ゴールを奪えなかった。チャンスはたくさんあったと思う。自分も86分、87分にチャンスを迎えた。あれは決めなければいけなかった。チャンスを決めなかったことが敗因だった」

「今日は簡単ではなかった。今回のW杯では、簡単にグループを突破できるチームなんてほとんど存在しないことが証明された。ベルギーやイングランドを除く優勝候補は苦しんでいる。“小国”と言われるチームがとても良い守備をしてきた」

メキシコに0-1と敗れた初戦の後、チームの守備意識に不満を示していたフンメルス。その指摘はわかってもらえたとしつつ、冷静さを失ってしまったと嘆いている。

「みんなと話したし、カバーリングに関しては改善できていた。ボールキープも良くなったよ。今日もできていたけど、65分ぐらいから冷静さを失い、みんな決められたポジションを離れてしまった。それで狂ってしまい、カウンターをくらったね。信じられないほどのカウンターをね。なんとか阻止できていたんだけど……そこで組織が壊れてしまった」

「これから話し合わなければいけない課題は何ポイントかある。ここでは話したくない。ただ、僕たちが最後に良い試合を見せたのは2017年の秋かな。かなり前の試合だ」

「僕たちにとって、本当に悲しい夜だ」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
アジア杯準々決勝進出国が決定!優勝候補の日本、イラン、韓国、豪州が揃って8強へ
次の記事:
“ダークホース”カタールが豪快FKでイラクを下す!4試合クリーンシートで韓国との決戦へ
次の記事:
韓国が苦しみながらも準々決勝進出…バーレーンを圧倒も90分で決着つかず、延長に勝ち越し
次の記事:
ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か
次の記事:
マンチェスター・U、期待の生え抜きが契約延長! スールシャール「彼の前には明るい未来が広がっている」
閉じる