ドイツ代表唯一のサプライズ招集…レーブが明かすFWペーターゼンを選んだ理由とは?

最終更新
コメント()
ペーターゼンがサプライズ招集となった一方で、ヴァーグナーは選外。その理由は…。

ドイツサッカー連盟(DFB)は15日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた予備登録メンバー27名を発表。今回の最大のサプライズ招集は、フライブルクのFWニルス・ペーターゼンとなった。

ヨアヒム・レーブ監督は昨年秋以来の試合でバイエルン・ミュンヘンFWサンドロ・ヴァーグナーを起用し、W杯のメンバー入りはもはや既定路線と見られていた。だが、メンバーリストにはセンターFWを本職とするプレーヤーはマリオ・ゴメス(シュトゥットガルト)とペーターゼンのみとなった。

ドイツ五輪代表が銀メダルを獲得したリオデジャネイロ・オリンピックにはOA枠で出場し、6ゴールでFWセルジュ・ニャブリとともに得点王にも輝いたペーターゼン。予備登録メンバーとは言え、29歳にして初めてA代表から声がかかった。

レーブ監督は、20ゴールとサブとしてのリーグ最多得点数の記録を持ち、今シーズンのブンデスリーガでドイツ人最多ゴールを記録したFWの選出を次のように説明した。

「チャンスをあまり多く作り出せないチームで、彼は15ゴールを決めたんだ。彼はいつも良いコンディションのようだし、サブとしてもとても優れている。私の直感では、彼は挑戦が大きくなるにつれて力をより発揮するタイプ。彼にはとても多くを期待している」

今回のメンバーには、最終節まで残留争いが続いたフライブルクのペーターゼン以外にも2部に降格したケルンからDFヨナス・ヘクターが選ばれた。レーブ監督は、バイエルン・ミュンヘンなど各国のビッグクラブの選手たちを順当に選出する一方で、一味違った経歴を持つメンバーも構想に入れているようだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
18歳にしてアッズーリ初招集…ピルロの後継者サンドロ・トナーリとは何者か?
次の記事:
エース残留に尽力したアトレティコ…グリーズマン「同僚や監督が家に来たことも」
次の記事:
マン・Cで好調のベルナルド・シウバ、ポルトガル代表チームから離脱
次の記事:
【原博実の超現場日記2018/第17回】この年代にもっと光が当たるようにしたい! Jユースカップ決勝・清水vs横浜FM
次の記事:
アジアカップに生き残るのは誰か?控え組のテストで問われる森保ジャパンの底力/キルギス戦プレビュー
閉じる