ドイツの憂鬱は続く…天敵グリーズマンに2発でフランスに逆転負け、公式戦4試合勝利なし/UEFAネーションズリーグ

最終更新
コメント()
ドイツは公式戦4試合勝利なし。

ドイツ代表の憂鬱はまだ続く。世界王者フランス代表に逆転負けを喫して公式戦4試合勝利なしとなった。

フランスはホームでロシア・ワールドカップ優勝のメンバー中心の最高の布陣に。ポール・ポグバ、ヌゴロ・カンテ、アントワーヌ・グリーズマン、キリアン・ムバッペなどが先発入りした。一方のドイツはトーマス・ミュラーがついに先発落ち。最前線にはセルジュ・ニャブリが入った。そして後方は3バックで、ウィングバックには左がニコ・シュルツと右がティロ・ケーラー、ボランチはヨシュア・キミッヒとトニ・クロースが並んだ。

試合はムバッペのスピードを中心にフランスがいい立ち上がりを見せるが、先制したのはドイツ。リロイ・サネのクロスでハンドを誘い、PKを獲得。これをクロースが沈めて先手を取る。

しかし、その後のペースはフランス。後半に入ってもボールを握りながら圧力をかけていく。マヌエル・ノイアーの好守でなんとかしのいでいたドイツだったが、62分についに決壊。左サイドからリュカ・エルナンデスの強烈なクロスにニアでグリーズマンが合わせる。ヘディングシュートはゴール右に吸い込まれ、フランスが同点に追いつく。

一進一退の攻防が続き、両者チャンスを作るが、先に決定機へと結びつけたのはフランス。71分、3バックの間を突き、ブレーズ・マテュイディがスルーパスに抜け出すと、マッツ・フンメルスがスライディングで倒し、PKに。これをグリーズマンがゴール右に沈め、フランスが逆転に成功する。

ドイツはミュラーを投入し、反撃ムードを作りたいところだったが、なかなかゴールに迫ることはできず。1-2で敗れている。

敗れたドイツは、いまだ勝ち点1でグループ1の最下位。来月のオランダとフランスの一戦次第では、最後の試合を残してのリーグB降格が決まる可能性もある。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
J2最終節が17日に開催。J1行きの切符を手にするのは?優勝条件を整理
次の記事:
大渋滞の混乱、森保監督はファンらの対応に感謝「道を開けてくださった」
次の記事:
森保ジャパン、史上初の発足4連勝ならず…酒井の豪快弾もPKで被弾しベネズエラとドロー
次の記事:
酒井がジャンピングボレーで初ゴール!森保ジャパン、FIFAランク29位ベネズエラ相手にリードし後半へ
次の記事:
森保ジャパン、ベネズエラ戦のスタメンを発表!中島、南野、堂安の新ビッグ3が揃って先発
閉じる