データで見るレアルvsバイエルン…ジダン監督の偉業と7度目の“しっぺ返し”

コメント()
Getty
ハメスがレアル・マドリーからゴールを挙げ、歴史に名前を刻んだ。

レアル・マドリーがチャンピオンズリーグ準決勝でバイエルン・ミュンヘンを退け、3年連続となる決勝進出を決めた。それに伴い、データサイト『Opta』が興味深い情報を提供している。

レアルを率いるジネディーヌ・ジダン監督にとっても、3年連続ファイナルとなる。これは1996年から1998年まで、ユヴェントスで同じく3年連続決勝へと駒を進めたマルチェロ・リッピ監督以来の快挙となる。

一方、レアル・マドリーはまたも“貸出”中の選手に痛いしっぺ返しを食らった。今回はハメス・ロドリゲスにゴールを許している。過去にもフェルナンド・モリエンテスやアルバロ・モラタという選手が、愛するクラブからゴールを挙げている。ハメスはレアル在籍経験のある選手で、チャンピオンズリーグでレアルから得点した7人目の選手となった。

また、敗れたバイエルンでは、2試合でヨシュア・キミヒが躍動。チャンピオンズリーグのノックアウトマウスラウンドに入ってからの2試合で、ともにゴールを挙げた8人目の選手となった。さらに、キミヒは今大会で7ゴールに絡み(4ゴール3アシスト)、バイエルンの他のどの選手よりも多くのゴールを創出している。

バイエルンはチャンピオンズリーグのアウェー戦14試合連続で失点。今回もミスから失点し、敗退の決め手となってしまった。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
大幅メンバー変更の日本代表、ウズベクに先制許すも武藤の豪快ヘッドで追いついて後半へ
次の記事:
シャビのお眼鏡に適う選手は…「バルサにも合う。複数のポジションで世界最高になる」
次の記事:
首位通過懸けたウズベク戦、日本代表は先発を大幅入れ替え…10番乾がロシアW杯以来の出場
次の記事:
マンチェスター・Cの有望株はドイツ行き希望か…A代表デビューもクラブでは出場なし
次の記事:
神戸が2019シーズンの背番号を発表!ビジャは7番、山口は5番に決定
閉じる