デビューからちょうど19年の日に元アルゼンチン代表DFが引退発表「全てを叶えた」

コメント()
ニコラス・ブルディッソが現役引退を発表した。

元アルゼンチン代表DFニコラス・ブルディッソが10日、自身の『インスタグラム』で現役引退を発表した。

ブルディッソは1999年10月10日にボカ・ジュニアーズでプロデビュー。それからちょうど19年が経つ10日、アルゼンチンのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏と抱擁している写真と共に現役引退を表明した。

「デビューから19年を迎えたこの日にプロフットボーラーとしての冒険を終わりにする」

「この冒険に関わったすべての人たちに感謝したい。神様、家族、チームメイトとコーチ陣、そして特にファンのみんなに感謝したい」

「誇り高い気持ちだし、満足している。子どもの頃に夢見た全てを叶えることができた」

ブルディッソは2004年にボカ・ジュニアーズからインテルに移籍。その後、ローマやジェノアでプレー。その後、昨シーズン限りでトリノを退団していた。

また、アルゼンチン代表としては通算49試合に出場して2ゴールを記録。ワールドカップは2度にわたって出場し、ユース年代ではアテネ五輪で金メダルを獲得した。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
元日本代表FW田代有三が現役引退を発表「最高なサッカー人生でした」
次の記事:
「狂ったように喜ばない」スタンフォード・ブリッジ凱旋を前にモウリーニョがリスペクトを誓う
次の記事:
ベニテス「クビを恐れることはない」リーグ戦未勝利も次節からの巻き返しに意気込み
次の記事:
批判に晒されるモウリーニョを擁護するサッリ「彼はもっと敬意を払われるべき」
次の記事:
フローニンゲン指揮官が日本代表で活躍の堂安律を称賛「代表で良いプレーをしていた」
閉じる