デシャンに反発?ラビオ、ロシアW杯臨むフランス代表予備登録メンバー入りを拒否か

コメント()
Getty
ロシア・ワールドカップに臨むフランス代表で、予備登録メンバーに入ったPSGの23歳だが、これを拒否したようだ。

パリ・サンジェルマン(PSG)MFアドリアン・ラビオが、ロシア・ワールドカップに臨むフランス代表の予備登録メンバー入りを拒否したようだ。フランス『レ・パリジャン』が伝えた。

今季PSGで公式戦49試合に出場したラビオ。23歳ながらフランス王者でレギュラーを獲得し、フランス代表にも2016年のデビューから継続的に呼ばれきた。しかし、先日発表されたロシアW杯の登録メンバー23人の中に、ラビオは含まれず。予備登録となっていた。

『レ・パリジャン』によると、23歳のMFは予備登録メンバー入りを拒否したという。なお、予備登録内でラビオが主戦場とする中盤真ん中でプレーできる選手は、トッテナムMFムサ・シソコのみ。さらに、ラビオとはプレースタイルが全く違うため、追加招集があるかもしれない。

ディデエ・デシャン監督からは何ら説明のない状況だが、今回の予備登録入り拒否は、ラビオのフランス代表としてのキャリアに影を落としかねないだろう。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる