スペイン1位通過も…監督は自チームのプレーに満足せず「これが進むべき道ではない」

コメント()
Getty

25日に行われたロシア・ワールドカップのグループB第3節、スペインはモロッコとの試合を2−2のドローで終えた。同時開催のイラン対ポルトガルが1−1のドローで終了したため、スペインが勝ち点5で並ぶポルトガルを総得点で上回り、1位での決勝トーナメント進出を決めている。

1位通過を果たしたスペインではあるが、フェルナンド・イエロ監督はモロッコ戦の内容に不満気だ。カウンターから何度も決定機を許してしまったとして、「これが進むべき道ではない」との見解を示している。

「グループステージの3試合が、要求の厳しいものであることは分かっていた。これだけの苦しみを味わった後だが、私たちは自省するためのキャパシティーを持たなければいけない。これが進むべき道ではないし、あれだけのチャンスを許してはならないんだ。良いことも悪いことも、行ったのは私たち自身なんだよ」

「夢見るところまでたどり着きたいのならば、ディテールを磨かなくてはならない。各チャンスが失点の危機となってしまった。チームは自己批判をし、改善の余地があることを認めなくては。スピードあるトランジションの調整をする必要がある」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
首位通過に導くスーパーゴール!塩谷司「全部勝ったチームが強い。目指すだけじゃないですか」
次の記事:
アジアカップ決勝T進出16カ国が出揃う!日本は中東のサウジと激突…前回対決は0-1で敗戦
次の記事:
カタールがE組連勝対決を制す!F組首位の日本とサウジが16強で激突…通算成績は8勝1分4敗
次の記事:
勝ち越しミドルの塩谷司「自信になる」…ボランチを組んだ青山敏弘らの声掛けに感謝
次の記事:
青山敏弘、広島時代に共闘した塩谷司のスーパー弾に「彼はあれが普通。だが、大舞台で出せるのは凄い」
閉じる