スペインに敗戦も…サウスゲートが新スタイルに挑戦のチームに満足「選手を褒めなければならない」

コメント()
Getty Images
新しいスタイルをチームに根付かせている最中だと指揮官は語った。

イングランド代表のギャレス・サウスゲート監督は、スペイン代表に敗れはしたものの個々のパフォーマンスを称賛した。

8日に行われたUEFAネーションズリーグでイングランド代表はスペイン代表と対戦。11分にマーカス・ラッシュフォードが先制点を奪うも、直後に同点弾を許すと、32分に逆転される。その後もポゼッションを高めるスペイン代表の前にゴールを奪えず、イングランド代表は1-2で敗れた。

試合後、サウスゲート監督は「試合の大部分でスペインのほうが良いチームだったし、彼らのプレーは素晴らしかった。しかし、我々は今、トライしていることの最初の段階に過ぎない」とスペイン代表を称賛するも、自分たちは変革期の初期段階であると強調した。

「彼らは本当に上手くプレスをかけ、そのプレスをかわすための策を考える時間が少ししかなかった。2回ほど上手くいったことがあったが、それでも距離感をつかめない状態だった」

「今、我々は岐路に立たされている。昔のスタイルに戻ってトップチームを目指せないまま終わるか、時々苦しむことを承知でこのチャレンジを続けるかだ。我々には何人かこのスタイルで上手くプレーできる選手たちがいる。その一方で、他の選手はまだまだ改善が必要だが、今後上手くプレーできるようになると信じている」

「スペインにはあのやり方に最適な中盤の選手がいるが、我々には別のタイプの選手たちがいる。だからあのようにはプレーできない。しかし、時間はかかるだろうが、まだ長い過程の一部にすぎない。現状で、我々はこのプランを遂行し、改善することを目指すべきだと私は考えている」

また、ワールドカップに出場できなかったルーク・ショーやジョー・ゴメス、またこの試合でゴールを挙げたラッシュフォードにサウスゲート監督は賛辞を送った。

「ルークはゴールにつながる最高のボールを送った。マーカスも本当に大きなインパクトを残した。それに、ゴメスのディフェンスは素晴らしかった。個々のパフォーマンスはとてもポジティブだったから、私は彼らを褒めなければならない」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる