スターリングとマンチェスター・Cが交渉決裂…W杯での活躍次第では移籍の可能性も?

最終更新
コメント()
他の主力と同等のサラリーをマンチェスター・シティFWは求めたが、クラブと折り合いがつかなかったようだ。

マンチェスター・シティとラヒーム・スターリングの契約延長交渉が暗礁に乗り上げていることが分かった。『スカイスポーツ』が報じている。

2015年にリヴァプールからマンチェスター・Cに加入したスターリングは今シーズン、リーグ戦で18ゴールを挙げる活躍を見せてプレミアリーグ制覇に大きく貢献。この活躍を受け、クラブは同選手と2022年までのさらに長期間の新契約をワールドカップ開幕までに締結しようと交渉を開始した。

すると、現在週給17万5000ポンド(約2580万円)の契約を結ぶスターリングは、今年1月にクラブと契約を更新した週給35万ポンド(約5170万円)を受け取るケヴィン・デ・ブライネら主力と同等のサラリーを要求。しかし、双方は金銭面で折り合いがつかず、交渉は決裂し、同選手の将来に一気に暗雲が立ち込めた。なお、現段階で交渉が再開される見通しは立っていない。

リヴァプールから加入した際に結んだ契約期間はあと2年を残しており、ワールドカップ後に再び交渉を再開するのではないかと考えられているが、仮にワールドカップでスターリングが印象的な活躍を残せば、他のビッグクラブが同選手を動向を無視できないだろう。

スターリングとマンチェスター・Cの交渉はどのような結末を迎えるのだろうか。

Goal_worldcup_article_banner

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
ヴィラス・ボアス氏「パリSGに行かなかったのは間違いだったかも」過去の逸話を明かす
次の記事:
18歳にしてアッズーリ初招集…ピルロの後継者サンドロ・トナーリとは何者か?
次の記事:
エース残留に尽力したアトレティコ…グリーズマン「同僚や監督が家に来たことも」
次の記事:
マン・Cで好調のベルナルド・シウバ、ポルトガル代表チームから離脱
次の記事:
【原博実の超現場日記2018/第17回】この年代にもっと光が当たるようにしたい! Jユースカップ決勝・清水vs横浜FM
閉じる