ジーコが見初めた23歳のレフティー、鹿島FWセルジーニョ。神様の誘いに迷いはなかった

コメント()
9月14日、明治安田生命J1リーグ第26節で8位・鹿島アントラーズは13位・湘南ベルマーレをホーム・カシマスタジアムに迎える。ACLの関係で金曜日のナイトゲームとなる。この試合のカギを握るのが背番号18、セルジーニョだ。

鹿島はリーグ戦2試合勝ちなしだが、JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝で川崎フロンターレを2試合合計4-1で破り、準決勝進出を決めた。迎える湘南はリーグ戦2試合負けなし、ルヴァンカップでもC大阪を5-2で沈めて同じく準決勝に進出。公式戦4試合負けなしと好調だ。

鹿島のルヴァンカップべスト4を決めた立役者の一人が、ブラジル人ストライカー・セルジーニョ。この夏の加入後、公式戦6試合に出場し3得点を決めている。9日のルヴァンカップ準々決勝第2戦・川崎F戦(3-1)でも、ダメ押しの3点目を奪った。

■この夏加入後、即フィット。すでに3得点

「自分云々というより、チームとして3点目を取ることができれば楽になることは分かっていました。偶然、自分のところにボールが来て、落ち着いて決めることができました」

安部裕葵が刹那の判断でダブルタッチを繰り出した瞬間。無力と化した水色と黒の壁をすり抜けたのは、背番号18だった。ラインコントロールの乱れを見逃さず、絶妙なタイミングでDF陣を置き去りにする。視界に捉えたゴールへの道筋、迷うことなく振り抜いた左足――。

ネットが揺れる。アントラーズレッドが沸騰する。72分、セルジーニョ。ルヴァンカップベスト4進出を決定付ける、値千金のファインゴールだった。

「自信は深まっていますけど、個人だけでそうなっても無意味なんです。勝つことで、チームとしての自信が深まっていく。それが大切です。次のラウンドへ進むという目標があったので、得点という形で貢献できて非常にうれしく思っています」

激闘の余韻が残る、味の素スタジアムのミックスゾーン。チームメートより少し遅れてロッカールームを後にしたスコアラーを、数多くの報道陣が取り囲む。日曜日の夜、次々と飛ぶ質問に、セルジーニョは真摯に答え続けた。

「周りに合わせることを考えていますけど、それだけでなく、味方も自分の特長を把握してくれて気を利かせてくれています。だからフィットできているのだと思います」

穏やかな笑顔とともに紡がれる言葉は、どんな時でも誠実だ。

2018-09-13-kashima-serginho-Levain-kawasaki

■アメリカFCの10番、キャリア初の移籍

セルジオ・アントニオ・ソレール・デ・オリヴェイラ・ジュニオール、23歳。ブラジルの名門、サンパウロFCやサントスFCで過酷な競争を乗り越え、プロフットボーラーとしての歩みを始めたのは2014年のこと。期限付き移籍での武者修行を繰り返し、今年に入って加入したアメリカFCでは10番を背負った。

王国で荒波に揉まれながら、レフティーは存在価値を高め続けていく。そんな姿に、この夏、テクニカルディレクターとして鹿島に復帰したジーコも熱視線を送っていた。「あれだけの実績を残している方に評価されたという時点で、迷うことはまったくなかったのです」。キャリア初の海外移籍。フットボールの神様に導かれ、セルジーニョは日本でのプレーを決断した。

「能力の高い選手なので、技術面でのレベルアップが期待できる。能力は持っているので、あとは本人が日本の文化や食事、生活にアダプトできればいい。非常に強い意欲で来ているはずだ」

8月4日。就任会見に臨んだジーコTDが期待を語ったのは、新戦力が成田空港へ降り立つ数時間前のことだった。神様の言葉に呼応するように、セルジーニョは長旅の疲れを見せずに言った。「チームで結果を出したいという一心でいます」。決意を示すかのように、翌朝のクラブハウスではさっそく汗を流す姿があった。

「セルジ、うまいよ」。果たして始まった鹿嶋での日々、まずはコンディション向上に注力した。万全の状態でなくとも、能力の片鱗は新たな仲間たちの目に留まっていた。トレーニングを重ねるにつれ、着々と呼吸が合っていく。

「周りに合わせてくれる。最近加入するブラジル人選手は真面目だね。ラテン系のノリがないのかな」。冗談交じりに、しかし芽生えつつある信頼を明かしていたのは遠藤康だった。そして8月19日、J1第23節・横浜F・マリノス戦(1-0)で初先発初出場。28日のACL準々決勝・天津権健戦(2-0)では、ワールドクラスの弾丸ミドルを突き刺した。

「ここに来ることができて本当にうれしく思っています。サポーターの皆さんにこのうれしさ、楽しさを倍にして返したいのです」

背番号18はそう言って、いつもの笑顔を見せていた。秋の深まりとともに突入する勝負のシーズン終盤戦を、栄光の記憶で彩るために――。セルジーニョ、23歳。鮮烈なる序章を経て、どんな景色を見せてくれるだろう。どんな景色をともに見ることができるだろう。アントラーズと紡ぐ物語は、まだ始まったばかりだ。

★その他、永木亮太選手のプレビューインタビュー、、「〜茨城発、世界へ〜理想科学×Antlers ファミリーデー2018」イベント情報など、9/14(金)湘南戦の最新情報は、デジタルマッチデープログラム 「FREAKS+」 で!

■J1第26節試合日程

9月14日(金)
19:00 鹿島 vs 湘南(カシマ)DAZN
19:00 C大阪 vs 磐田(金鳥スタ)DAZN

9月15日(土)
14:00 仙台 vs FC東京(ユアスタ)DAZN/NHK仙台
17:00 鳥栖 vs 広島(ベアスタ)DAZN
18:00 名古屋 vs 長崎(パロ瑞穂)DAZN
19:00 柏 vs 清水(三協F柏)DAZN
19:00 川崎F vs 札幌(等々力)DAZN
19:00 神戸 vs G大阪(ノエスタ)DAZN/NHK BS1

9月16日(日)
16:00 横浜FM vs 浦和    (日産ス)DAZN

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ウィルシャーが親友ラムジーの古巣残留を望む「彼は将来的なアーセナルの主将だ」
次の記事:
ショーがマンチェスター・Uと5年間の新契約を締結…週給2800万円の高給取りに
次の記事:
「南野拓実は代表ウィークの勝ち組」オーストリアメディア、日本代表の躍進に注目
次の記事:
J1はリーグ戦連勝の立役者、G大阪のMF今野泰幸! J2は上位キープに貢献した松本DF飯田真輝が選出【Jリーグ月間MVP:9月】
次の記事:
アザールは将来の移籍示唆も…チェルシー会長「残留のためにすべてをやる」
閉じる