ジャカ&シャキリのゴールセレブレーションはセルビアへの政治的主張…処罰の可能性も

最終更新
コメント()
Getty Images
セルビア相手にジャカとシャキリがゴールを決め、スイスが逆転勝利を飾った。2人がゴール後に見せた、手をクロスさせるセレブレーションは、アルバニアにルーツを持つ出自ならではの意味合いがあったようだ。

ロシア・ワールドカップ、グループE第2節スイスvsセルビアの一戦は、スイスが2-1で逆転勝利を収めた。ゴールを決めたグラニト・ジャカ、シェルダン・シャキリのゴールパフォーマンスが、政治的パフォーマンスの意図があったとして物議を醸している。

試合後、ステファン・リヒトシュタイナーはゴールを決めた2人について「簡単な試合ではなかったけれど、みんなよくやってくれたと思う。スイス代表には多くのアルバニア人がいるし、セルビアとの間には複雑な歴史がある。メンタル的にも難しいものがあった」と賛辞を贈っている。

ジャカとシャキリはゴールセレブレーションで、手をクロスさせて「双頭の鷲」を表現した。これは東ヨーロッパで幅広く使われている紋章で、セルビアとアルバニアの両国では、シンボルとして国旗にも使用されている。これまでバルカン半島ではセルビア人がアルバニア人を迫害してきたことから、対セルビアのゴールパフォーマンスとして使用したようだ。

ジャカの父親はアルバニア系で、ユーゴスラビア紛争で3年以上監禁されたという過去がある。ジャカは両親が移住したスイスで生まれたが、自らのルーツであるアルバニアにナショナリズムを感じているという。

そしてシャキリはコソボ人とアルバニア人の両親のもと、コソボに生まれた。しかし、4歳にして故郷を追われ、難民としてスイスへ移住。後にスイスの市民権を取得している。

一部メディアが報じたところによると、2人のゴールセレブレーションが政治的パフォーマンスとして国際サッカー連盟(FIFA)から、処罰対象になる可能性もあるという。

それでもスイス代表の主将リヒトシュタイナーは次のように語り、逆転勝利の立役者2人を擁護する。

「彼らにとって、セルビアとの関係は特別なものがある。自分もアルバニア系の人物と話し、この歴史がいかに特別なものか教わったよ。これはサッカーの枠組みでは収まりきらない、特別な理由があるんだ」

当のシャキリは「ゴールを決めることができて幸せだが、今このことについて話をする必要はない」と話題に触れなかった。

スイス代表として、セルビア戦でゴールを決めたジャカとシャキリは、ともにアルバニアにルーツを持つ。ゴール後に見せた「双頭の鷲」は、バルカン半島の歴史や自らの出自を踏まえ、特別な意味合いがあったようだ。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
ユヴェントスFW、CLの厳しさを再認識「細かい部分が焦点に。ミスが許されない」
次の記事:
「人は理屈だけでは動かない」。監督力はタレント力以上にクラブの命運を左右する【中村憲剛のMSN】
次の記事:
熊本MF田中達也、G大阪に完全移籍。「ここまで成長できたのはロアッソ熊本でプレーさせていただいたから」
次の記事:
インテルが新CEOを発表…ユーヴェ黄金期築いたマロッタ氏がスポーツ部門統括へ
次の記事:
EL敗退のミランにガットゥーゾ「本当に腹立たしい。勝利をプレゼントしてしまった」
閉じる