「シンプルにレベルが違った」ドルトムントMFがバイエルンとの圧倒的実力差認める

2018-04-02-weigl
(C)Getty Images

ドルトムントのMFユリアン・ヴァイグルは、バイエルン・ミュンヘンとはレベルが違ったことを認めている。ドイツ紙『ルール・ナハリヒテン』が報じた。

ドルトムントは3月31日、ブンデスリーガ第28節でバイエルンと対戦。試合は0-6で完敗を喫し、バイエルンとの差が明らかとなった。30分過ぎにゴンサロ・カストロと交代で入ったヴァイグルは「バイエルンはシンプルにレベルが違った」と現状の実力差を認めている。

「結果は妥当なものだよ。僕らには1、2度しかチャンスがなかったからね。タフな結果だよ。ただミュンヘンでいい結果を持ち帰りたいなら、もっと努力が必要だった。最初からあんなにナーバスになれば、チャンスはない」

「デュエルにも勝てていなかったし、セカンドボールも拾えなかった。バイエルンの勝利はとても妥当なものだった」

チャンピオンズリーグ出場権を争う中で、大敗が「大きなダメージ」になると語ったヴァイグル。次節のシュトゥットガルト戦では忘れさせるようなパフォーマンスを見せることはできるのだろうか。

▶ブンデスリーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる