シント=トロイデンが今季初勝利…冨安、遠藤ともにフル出場で貢献

コメント()
(C)STVV

シント=トロイデンがジュピラーリーグ第6節にして今シーズン初勝利を手にした。

シント=トロイデンは1日、ジュピラーリーグ第6節でオーステンデと対戦。冨安健洋は3バックの一角、遠藤航はボランチとして出場した。

試合はスコアレスで推移すると、74分にPKでシント=トロイデンが先制。結局、その1点を守り切る形でシント=トロイデンが1-0で勝利している。冨安、遠藤ともにフル出場を飾り、83分には関根貴大が途中出場している。

第6節にして初勝利をあげたシント=トロイデンは9位に浮上。次節はヘントと対戦する。

なお、シント=トロイデンには現役大学生、小池裕太や鎌田大地も所属。2人のデビューも待たれるところだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ユヴェントス、ダルミアン獲得は断念か…カギとなる25歳MFが退団を拒否
次の記事:
搭乗飛行機行方不明のサラに元ナント指揮官ラニエリが祈り「サッカー界が団結するとき」
次の記事:
柴崎岳、準々決勝で対戦するベトナムを警戒「ここまで上がってくるだけの力がある」
次の記事:
「チャレンジャー精神で臨む」森保監督、ベトナム代表を高評価。「明日も厳しい試合になる」
次の記事:
バルセロナ、デ・ヨング獲得へ個人条件で対抗…年俸20億円オファーを準備か
閉じる