シメオネ、アーセナル戦の退席処分を反省「申し訳ない。退席になれば何も正当化できない」

コメント()
Getty

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、先のアーセナル戦で退席処分となったことを反省している。

シメオネ監督はアーセナル戦で、9分にDFシメオ・ヴルサリコが退場となったことに憤り、その直後のアーセナルのファウルの場面で、審判に対して侮辱する言葉を吐いた。UEFAの競技委員会は同指揮官に対する処分を検討しており、最大3試合のベンチ入り禁止が命じられる可能性もある。

29日のリーガ・エスパニョーラ第35節、アウェーでのアラベス戦を前に会見に出席したシメオネ監督は、そうした振る舞いが無意味なものであったと、反省の弁を述べた。

「その退席については申し訳なく思う。そうしたところは直していかないと。最後に退席となってしまうならば、何も正当化することができない」

この会見が行われたのは、シメオネ監督の48歳の誕生日だ。選手、監督として長年アトレティコで働き続けるアルゼンチン人指揮官は、同クラブへの思いを問われて、こう返した。

「センチメントの表現は難しい。言葉では感じていることを表現できない。選手時代に何よりも喜ばしかったのは、『あそこにシメオネがいる。アトレティの奴だよ』と言われることだった。私はこのクラブで生まれたわけではない。が、クラブが成長を続けるためにすべてを差し出している」

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる