サネッティ氏、時間稼ぎの日本代表に苦言「酷い試合。レヴァが決めていたらどうしたかね」

Zanetti
Getty
ハビエル・サネッティ氏は、ポーランド戦の日本の戦法に不快感を示した。またベルギーについても持論を述べた。

元アルゼンチン代表でインテル副会長のハビエル・サネッティ氏が28日、イタリアメディア『メディアセット』のロシア・ワールドカップ特番『ティキタカ・ロシア』に出演し、日本やベルギーについて自身の見解を示した。

28日、ロシアW杯のグループGおよびグループHの最終節が行われた。全勝同士のイングランドとの直接対決を1-0で制したベルギーがG組1位でフィニッシュ。ベルギーはH組2位となった日本と7月2日に対戦する。サネッティ氏はベルギーについて、日本戦での勝利を楽観視する一方、同ブロックのブラジルが大きな壁となることを予想した。

「ベルギー?素晴らしい試合をしたが、仮に日本を倒したとしても、おそらくブラジルと当たることになる。非常にきついだろう」

続いてベルギーをはじめ、グループステージで全勝を飾ったウルグアイ、クロアチアについても意見を求められると、自身の意見を述べた。

「ベルギー、ウルグアイ、クロアチアがサプライズに?私はベルギーがグループステージ3戦で勝利することを予想していた。ウルグアイには、強いアタッカーが二人いる。クロアチアにはクオリティの高い選手が複数いる」

またサネッティ氏は、ポーランド戦(0-1)の終盤、ボール回しにより時間稼ぎを行ったインテル元同僚のDF長友佑都ら日本代表メンバーに苦言を呈した。

「酷い試合だった。プレー時間を15分以上残しながら日本の選手たちが時間稼ぎをしたのは、あまりスポーツマンシップにのっとっているとは言えない。フェアプレーどころではない。試合はとことんプレーするべきだ。(ロベルト)レヴァンドフスキが追加点を決めていたら、日本選手たちがどうしたか見たかったよ」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる