コロンビア代表ペケルマン監督が退任決定…2度のW杯出場で過去最高成績も

コメント()
©Getty Images
2012年から長期政権を築いてきたペケルマン監督だが…。

2012年からコロンビア代表を率いてきたホセ・ペケルマン監督が退任することが正式に発表された。

名将・ペケルマン監督はコロンビア代表を2度のワールドカップ出場に導くと、2014年は過去最高となるベスト8の成績を残し、2018年のロシア・ワールドカップでもベスト16入りを果たした。

しかし、契約が8月31日までとなっていたペケルマン監督は延長しないことを明らかに。コロンビアサッカー協会のラモン・ジェスルン会長は2022年ワールドカップまでの続投を望んでいたものの、かなわず。ペケルマン監督は退任に際して以下のような声明を発表している。

「皆は悲しむことになるだろうが、私は人々のサポートを受け、幸せな気持ちとともにここを去る。私はここへ来たときに『代表チームで大きなことを達成するには、ともに努力し、サポートすることが必要だ』と言った。大変な道のりを歩いてきたが、素晴らしいことができたと思う」

なお、7日ベネズエラ戦、11日アルゼンチン戦と、アメリカで行われる親善試合に関しては、暫定的にアルトゥーロ・レジェス氏が監督を務めることとなる。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
“不協和音”響くアーセナルが宿敵チェルシーとの大一番へ…注目のエジル起用はあるのか?
次の記事:
モウリーニョの片腕ルイ・ファリアが中東レフウィヤSCで再出発…中島翔哉に関心との報道も
次の記事:
「トップ4のために負けられない」ダービーを前に、エメリが勝ち点3奪取を誓う
次の記事:
グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」
次の記事:
元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に
閉じる