コロンビアとペルーの間で“指揮官交代”?地元紙「ペケルマンは重要な選択肢の一つ」

コメント()
©Getty Images
コロンビア代表とペルー代表の間で指揮官交代の可能性が浮上している。

コロンビア代表指揮官を退任する可能性があるホセ・ペケルマン監督が、ペルー代表の新指揮官候補に浮上した。ペルー紙『Libero』が伝えている。

1982年以来のW杯出場を果たしたペルーは、リカルド・ガレカ監督の下、ロシアで40年ぶりの歴史的一勝を挙げたが、惜しくもグループリーグを敗退。ペルーサッカー連盟は、ガレカ監督の続投について未だ不透明としており、プランBとしてコロンビア代表のペケルマン監督に白羽の矢を立てたという。

『Libero』はこの68歳のアルゼンチン人指揮官は「コロンビアに結果と秩序、そして競争力を持てるレベルまで引き上げた」と称賛。「2014年のブラジル大会から2大会連続でW杯に導いた」と功績を紹介している。

ペケルマン監督がコロンビアを引き続き率いるかは不透明で、これから連盟と交渉の機会を持つという。しかしながら、同紙によると「ペケルマンはペルー代表を率いることに興味を持っている」と報じており、百戦錬磨の名将が新天地へ向かうのか、その選択に注目が集まっている。

一方でイギリスの『ミラー』によると、コロンビア代表はペケルマンの後任に、ガレカ監督をリストアップしていると報じており、実現すればコロンビアとペルーの間で“監督交代”が実現することになる。

しかし、ペルーはペケルマン監督以外にも、メキシコ代表のフアン・カルロス・オソリオ監督、前ポルトガル代表指揮官のパウロ・ベント氏、ペルーでの指導経験が豊富なアルゼンチン人のダニエル・アーメド氏も候補にあがっているという。

注目される各国の監督人事。日本代表も含めて今後の一挙手一投足に注目が集まる。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
シャビのお眼鏡に適う選手は…「バルサにも合う。複数のポジションで世界最高になる」
次の記事:
首位通過懸けたウズベク戦、日本代表は先発を大幅入れ替え…10番乾がロシアW杯以来の出場
次の記事:
マンチェスター・Cの有望株はドイツ行き希望か…A代表デビューもクラブでは出場なし
次の記事:
神戸が2019シーズンの背番号を発表!ビジャは7番、山口は5番に決定
次の記事:
レアル・マドリー、バルサ、チェルシーでエリクセン争奪戦か…契約は来季終了まで
閉じる