コバチッチ、レアル・マドリーに反旗を翻す…退団を容認させるため練習参加を拒否

最終更新
Getty Images

クロアチア代表MFマテオ・コバチッチは、どうやら所属クラブのレアル・マドリーに反旗を翻すようだ。スペイン『マルカ』は、同選手がレアル・マドリーに退団を認めさせるため、練習参加を拒否する考えを固めたと報じている。

出場機会の少なさから、今夏でのレアル・マドリー退団を希望しているコバチッチは、同クラブと何度も話し合いを重ねてきた。しかしレアル・マドリーが自身の希望を一切受け付けないために、強硬策に出るという。

コバチッチは頑なに放出を拒むレアル・マドリーの姿勢を理解できず、練習に参加しないことを決断した模様。否が応でも、今夏での移籍を認めさせる考えとのことだ。

現在24歳のコバチッチは先に「おそらく、僕にとって最善であるのは違うクラブに移籍することだ。レギュラーとしてプレーできるクラブにね」と語っていた。レアル・マドリーとの契約は、2021年までとなっている。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores