グリーズマン、アトレティコで初の主要タイトルに喜び爆発「14歳で家を出てから…」

コメント()
グリーズマンが次に見据えるはロシア・ワールドカップ。

アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが初のタイトルに喜びを爆発させている。『beINスポーツ』が報じた。

アトレティコは16日、ヨーロッパリーグ決勝でマルセイユと対戦し、3-0で完勝。グリーズマンは2ゴールを挙げて優勝に貢献した。アトレティコにとっては近年で3度目のELタイトルだが、チャンピオンズリーグ決勝で2度敗れていたグリーズマンにとってはアトレティコで初の主要タイトル。そのため、喜びもひとしおのようだ。

「14歳で家を出てから、このようなときを夢見ていた。そこには多くの努力や挫折、悲しみもあった。今はとても嬉しいし、今後もこういった機会を再現できるときがあるといいね」

ファンのサポートについても「素晴らしかった。僕らの後ろに付いてくれたね」と称賛。さらに、次はロシア・ワールドカップを見据えると主張した。

「今はワールドカップが先だね。このトロフィーを祝ったら、シーズンのことは忘れて次のことを考えるよ」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
バルセロナの哲学を壊しているのはGM?スカウティングの条件に“高身長”が含まれている模様
次の記事:
U-19日本代表タイを下し2連勝!U-20W杯出場を懸けた準々決勝へ進出
次の記事:
バルダーノ氏「レアルはC・ロナウド退団を冗談として受け止めた。監督代えても点取り屋はいない」
次の記事:
バイエルンOBのブライトナー氏、“怒りの会見”に失望「落胆している。想像できなかった」
次の記事:
イスコ「C・ロナウド?レアルにいたくなかった誰かのことで泣いてもしょうがない」
閉じる