クロップ「エジルへの批判は偽善的」人種差別を理由に代表引退、エジルを擁護

コメント()
Getty Images
リヴァプールのクロップ監督が、差別を理由にドイツ代表からの引退を表明したエジルについて、擁護の姿勢を見せている。

リヴァプールのドイツ人指揮官、ユルゲン・クロップが、ドイツ代表引退について「人種差別」を理由としたメスト・エジルに対しコメントした。

今年5月、トルコにルーツを持つドイツ代表のエジルと、同じくトルコ系のイルカイ・ギュンドアンは、ロンドンでトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と写真を撮り、それぞれのSNSにアップ。これが一部のメディアや人々に、人権問題などで非難されるトルコのエルドアン政権を支持していると受け取られた。

そして、エジルはロシア・ワールドカップ終了後、自身へと向けられた人種差別的批判やドイツサッカー連盟(DFB)のサポート不足を理由に、代表引退を表明。「勝ったらドイツ人、負けたらトルコ系移民だと言われる」などと言われたことなどを明かしたSNSでの引退表明文は、大きく注目された。

これに対して、クロップ監督はメディアの前で「批判はナンセンス」と、エジルを擁護するコメントを発した。

「これは批判の矢面に立たされたエジルに同情するよ。インテリな人たちが批判の論調で語りがちかもしれないが、それは必ずしも正しいと限らない」

「私は彼らのメンタリティを疑うことはないよ。少なくとも、ナショナリズムや代表への忠誠は必ずしもすべて合致するものではない。例えば、彼らが複数の国に帰属意識を持っていたとして、何が問題だ? それは美しい概念だと思うよ」

「文化の多様性はワールドカップでこれまで見られた要素だ。例えばドイツ代表でプレーしたゲラルド・アサモア(ガーナ系)や、マリオ・ゴメス(スペイン系)の家族が一緒にバーベキューをするなんてこともあった。だからこそ、この議論は偽善的なんじゃないかと思っている。みんなが客観的かつ冷静に判断できない状況となり、今回は悪いケースへとつながったんじゃないかな」

ドイツ代表では過去にも旧ユーゴスラビア、トルコやチュニジア、ポーランド、ロシア、ガーナなど様々な国にルーツを持つ代表選手が活躍していた。ドイツ出身のクロップからしてエジルに向けられた批判は「偽善的」だと主張し、擁護の姿勢を見せている。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
PSGに緊急事態…ヴェッラッティの重傷をトゥヘル認める「起こりうる最悪の事態」
次の記事:
“MCN”揃い踏み!PSG、クラブ記録に並ぶ9-0の圧勝…首位独走で2位とは13ポイント差に/リーグ・アン第21節
次の記事:
乾貴士、アラベス移籍が決定か…バスク公営放送が報じる
次の記事:
仏1部デビューを飾った昌子源、トゥールーズ初先発で残したスタッツとは?
次の記事:
無観客処分も、子供12000人を招待!インテル、“いつもと違う”ホームでスコアレス/セリエA第20節
閉じる