クロアチアDF、新生イングランドのスタイルは「昔と変わっていない」

最終更新
コメント()
今大会でイングランドは新たに生まれ変わったとの評判をクロアチアDFは否定した。

クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコは、イングランドはロシア・ワールドカップでもロングボールスタイルだったと指摘した。『インディペンデント』が報じている。

イングランドは11日、W杯準決勝でクロアチアと対戦。悲願のW杯制覇まであと2勝に迫っていたイングランドは試合開始直後にキーラン・トリッピアーのゴールにより先制。しかし、後半にイヴァン・ペリシッチのゴールで同点に追いつかれると延長後半にマリオ・マンジュキッチに決勝点を許し、決勝進出を逃した。

今大会は多くの若手選手で構成されており、伝統のロングボール主体のサッカーから生まれ変わったと言われていたイングランドだが、対戦したクロアチアDFは異なる印象を得たようだ。

「ロングボールを蹴り込むスタイルを変えた新たなイングランドだという話を聞いていたけど、僕たちがプレスを掛けたら彼らは変わってないことが判明したよ」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
大渋滞の混乱、森保監督はファンらの対応に感謝「道を開けてくださった」
次の記事:
森保ジャパン、史上初の発足4連勝ならず…酒井の豪快弾もPKで被弾しベネズエラとドロー
次の記事:
酒井がジャンピングボレーで初ゴール!森保ジャパン、FIFAランク29位ベネズエラ相手にリードし後半へ
次の記事:
森保ジャパン、ベネズエラ戦のスタメンを発表!中島、南野、堂安の新ビッグ3が揃って先発
次の記事:
性問題と向き合うジルー「ゲイのカミングアウトはいまだ難しい」
閉じる