クロアチア代表歓喜の瞬間…中心にいたカメラマンは「クレイジーだった」

最終更新
コメント()
マンジュキッチがゴールを決めた後、彼らはなぜか、メキシコ人カメラマンに向かっていった。

2018FIFAワールドカップ・ロシア準決勝が現地時間11日に行われ、クロアチア代表が延長戦の末、イングランド代表を2-1で下した。クロアチア代表は109分、マリオ・マンジュキッチのゴールで逆転に成功したが、この歓喜の瞬間、その中心にいたのはメキシコ人カメラマンだった。英『デイリー・ミラー』紙が、その時の様子を伝えている。

マンジュキッチはゴールを決めた後、カメラを構えていた『AFPメキシコ』のユーリ・コルテス氏の下へと駆け寄る。するとチームメイトも押し掛け、コルテス氏はカメラを構えたまま、倒されてしまったのだ。

その後、マンジュキッチやヨシップ・ピヴァリッチはレンズに向かってポーズ。イヴァン・ラキティッチはコルテス氏の頭を抱え、顔をこすりつけて喜びを表現した。ドマゴイ・ビダは、コルテス氏の額にキス。最後、マンジュキッチはコルテス氏と握手を交わした。

この時のことをコルテス氏は、「選手たちが私に向かってきた時、私はレンズを交換していただけだった。それでも、選手たちは私に向かい続けたんだ。それはクレイジーな瞬間だった。彼らは、とても喜んでいたよ。すると突然、我に返って、私のことに気付いたんだ」と振り返る。

「彼らは私のことを心配してくれて、選手の1人がレンズを拾ってくれて、もう1人の選手は、私にキスをしたんだ」

コルテス氏は試合後、その時に撮影した写真をツイッターにアップしている。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
ボランチの遠藤航、「前へ行く」という森保監督の方針が、2列目の3人に良い影響を与えている
次の記事:
追加招集の杉本健勇、元セレッソ南野拓実との共闘誓う「良い関係でやれたら」
次の記事:
過去のイングランド代表を回想するルーニー「なぜタイトルを獲れなかったのか…」
次の記事:
今季プレミアで初の監督解任…フラム新指揮官はレスターで偉業達成のラニエリ
次の記事:
メッシは世界ベスト10にも入らない?『Goal 50』で世界の記者は“レオ”をどう評価したのか
閉じる