クラブ史上最低の得点力…レアル・マドリー、8時間1分の無得点記録を樹立して敗戦/リーガ第9節

最終更新
コメント()

20日のリーガ・エスパニョーラ第9節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのレバンテ戦を1−2で落とした。

ここ4試合を無得点の1分け3敗で終えてインターナショナルウィークを迎えていたマドリー。試合直前のベルナベウのチーム紹介アナウンスではまばらな拍手しか起こらないなど、観客のテンションの低さがチームの調子を物語っていた。ロペテギ監督はこの試合でベイル、ベンゼマをベンチに置き、負傷離脱していたイスコ、マルセロのほか、マリアーノ、そしてこの背番号7へのクロスの供給要員としてルーカス・バスケスを先発で起用。システムは普段の4−3−3を採用している。

得点、そして勝利を取り戻して観客の信頼を取り戻したいマドリーだったが、レバンテに言葉通り出鼻を挫かれた。まず7分、ロングボールからヴァランの緩慢なマークを振り切ったモラレスにネットを揺らされて1失点目を喫する。さらに11分にはペナルティーエリアの中か外か微妙なところでヴァランのハンドが取られ、VARと相談したギジェルモ主審がPKを指示。キッカーのロジェールにこのPKをきっちりと決め切られて、2点のビハインドを負っている。

フラストレーションが充満するベルナベウでマドリーは必死に得点を求める。17分に迎えたCKではマリアーノのヘディングシュートがクロスバーを直撃して地面に落ち、バウンドしたボールをアセンシオが頭で押し込んだが、VARとの相談の結果オフサイドとなった。マドリーはその後もクロス中心の攻撃を見せたが、決定機を決めきれないまま前半を終える。

後半、ロペテギ監督はオドリオソラとの交代でベイルを投入したがゴールは一向に生まれることなく、電光掲示板の時間は55分を表示。ロペテギ・マドリーは1985年の記録を1分上回り、クラブの無得点時間を465分(7時間45分)に更新した。ロペテギ監督はその後、イスコ、アセンシオをセバジョス、ベンゼマに代えて交代枠を使い切った。

ロペテギ・マドリーの不名誉な記録は、最終的に481分(8時間1分)でストップ。72分にベイルのクロスを起点として、マルセロがネットを揺らした。ようやく歓喜の瞬間を迎えたマドリーは継続してゴールを目指したものの、結局同点弾は生まれず。不名誉な記録を樹立した後に得点を取り戻しはしたものの、結果まで取り戻すことはできなかった。観客も最後まで試合を見ることなく、ぞろぞろと家路につき、彼らの信頼も失っている。

ここ5試合の成績を1分け4敗としたマドリー。勝ち点を14から伸ばせず、暫定で5位に位置している。

■試合結果

レアル・マドリー 1-2 レバンテ

■得点者

レアル・マドリー:マルセロ(72分)
レバンテ:モラレス(7分)、ロジャー(13分)

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
名門オランダ復活!2点差追いつきドイツと引き分け、逆転で決勝T進出/UNL最終節
次の記事:
チェルシー指揮官サッリ、微笑むクロップとのやり取りで実感「私はトップに到達した」
次の記事:
S・ラモスがささやかな反撃…『インスタグラム』で嘆き悲しむロヴレンの画像に「いいね」
次の記事:
元ユーヴェ幹部のマロッタ氏、インテルCEO就任が間近に?中国で詰めの交渉中
次の記事:
5位低迷の王者バイエルン、ロッベンはチームの現状に「タイトルを語るべきじゃない」
閉じる