クラシコ大敗のレアルがロペテギ解任を決定、後任指揮官はコンテに…スペインメディア一斉に報じる

コメント()
Getty Images

28日のリーガ・エスパニョーラ第10節、敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦で1−5の大敗を喫したレアル・マドリーが、ジュレン・ロペテギ監督の解任及び、アントニオ・コンテ監督の招へいを決定した。『マルカ』や『アス』など、スペインメディアが一斉に報じている。

今夏にジネディーヌ・ジダン監督、FWクリスティアーノ・ロナウドが去ったレアル・マドリーは、元スペイン代表指揮官のジュレン・ロペテギ監督とともに新シーズンをスタートさせたが、ここまで低空飛行を続けてきた。クラブ首脳陣はバルセロナとのクラシコで大敗を喫し、リーガの順位を9位まで落としたことで、ロペテギ監督に見切りをつけたようだ。

フロレンティーノ・ペレス会長率いるレアル・マドリー首脳陣は、クラシコの大敗に大きな憤りを感じている模様。ペレス会長は各試合の終了後にロッカールームでチームを労うことを習慣としているが、今回のクラシコではロペテギ監督、選手たちの顔を見ることを嫌い、そうすることはなかったという。

レアル・マドリーは29日にも、ロペテギ監督の解任とコンテ監督の招へいを発表する見込み。ただし、現在エジプトでバケーションを過ごしているコンテ監督は到着が遅れる可能性があり、その場合はレアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)のサンティアゴ・ソラーリ監督が、暫定的にトップチームを指揮することになるようだ。

イタリア人のコンテ監督は、これまでにユヴェントス、イタリア代表、チェルシーなどを指揮し、最後に率いたチェルシーではプレミアリーグ、FAカップ優勝を達成。フォメーション的には3−5−2を好んでおり、4−3−3でプレーすることを常としてきたレアル・マドリーに変化をもたらすことになりそうだ。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる