『キャプテン翼』の予言?ベルギー3点目がアニメと瓜二つで話題「信じられない偶然」

コメント()
(C)Getty Images
日本対ベルギー戦で、アニメ『キャプテン翼』の1シーンが繰り返されたと、イタリアメディアが指摘している。

2日に行われたロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦日本対ベルギーの決勝ゴールが、アニメ『キャプテン翼』のシーンに酷似しているとして、『スカイスポーツ』が2日、特集を組んだ。

日本は2日、決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦。原口元気と乾貴士によるスーパーゴールで先制しながら、後半のアディショナルタイムに決勝点を献上し、2-3で逆転負けを喫した。94分、MF本田圭佑のコーナーキックをキャッチしたGKティボー・クルトゥワを起点としたカウンター攻撃について、イタリアメディアは、「『キャプテン翼』の予言だ。ベルギーと同じ形のゴールにより勝利していた」と綴り、MFナセル・シャドリの得点がアニメの1シーンにそっくりであると主張している。

アニメでは、主人公の大空翼率いる日本代表が、強豪ドイツと対戦。2-2の引き分けの状態で、試合終了間際にGK若林源三がボールをキャッチ。そこからカウンターを仕掛けると、翼が決勝点を挙げて、日本が奇跡の優勝を果たした。

ベルギー戦の試合前には、日本の観客席に『キャプテン翼』を描いた巨大な横断幕が張られたが、「信じられない偶然だ。有名なアニメでは、アディショナルタイムに日本がカウンターから3-2のゴールを決めて優勝したが、ベルギーがサムライブルーを敗退に追い込んだカウンターと全く同じだ」として、立場は逆ながらもアニメのシーンがまるで予言のように現実となったことに驚きを隠せない。

「カウンターとは、したたかさの神髄。誇りを持ち、団結して守る者の武器であり、的確なタイミングで使うものだ。残念ながら現実では、ほんの数秒だがベルギーが日本の魂を奪取した」と綴り、ベルギーが日本の『キャプテン翼』を体現したと指摘した。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

閉じる