ガレス・ベイル、レアル残留にポジティブ…マンUの獲得計画はとん挫か

コメント()
(C)Getty Images
ウェールズ代表FWガレス・ベイルは、レアル・マドリー残留に前向きなようだ。

ウェールズ代表FWガレス・ベイルは、レアル・マドリーの新監督、ジュレン・ロペテギとポジティブな話し合いができたようだ。この結果、マンチェスター・ユナイテッドのベイル獲得は、ますます困難となった。

イギリス『テレグラム』紙は16日、ベイルとロペテギ新監督が“ポジティブな”話し合いを行ったと報じた。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスに移籍。ロペテギ監督は、クラブの柱となるはベイルだと説得したようだ。

ベイルはチャンピオンズリーグで3連覇を達成後、「思うに、自分は毎週にわたってプレーしなければならない。マドリーでそうできないなら、考える必要がある」と発言し、移籍をほのめかしたが、ツイッターで「来季もR・マドリーにとどまる」と投稿して火消し。

その後、ジネディーヌ・ジダン監督が辞任し、ロペテギ監督が電撃就任する。さらに、C・ロナウドがイタリアに移籍し、その移籍金で新しいFWを獲得するというウワサが広まり、ベイルを取り巻く状況は不透明となっていた。

こうした状況を踏まえ、マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は、ベイルの獲得を検討。7月16日に29歳の誕生日を迎えたストライカーをオールド・トラッフォードに招く準備を進めていたが、この計画はとん挫することになりそうだ。

なお、ベイルが移籍する場合、獲得チームは約134億円を用意する必要がある。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

閉じる