ガリターノ退団のレガネス、元サウサンプトン監督ペジェグリーノを招へい

コメント()
Mark Runnacles

レガネスは2日、来季新監督としてアルゼンチン人マウリシオ・ペジェグリーノ氏(46)を招へいしたことを発表した。

レガネスは、クラブを1部昇格に導き、同カテゴリーに定着したアシエル・ガリターノ監督をレアル・ソシエダに引き抜かれ、その後任を探していた。

そうして招へいしたのが、これまでにバレンシア、エストゥディアンテス、インデペンディエンテ、アラベス、サウサンプトンを率いてきたペジェグリーノ監督。レガネスはこのアルゼンチン人監督と、1年契約を結んでいる。

ペジェグリーノ監督は昨季、DF吉田麻也も所属するサウサンプトンで、プレミアリーグでは30試合を指揮したが、成績が振るわず解任されていた。

Goal_worldcup_article_banner

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
大迫勇也の状態に言及した森保監督、大幅メンバー変更で3連勝へ「1位突破がオーストラリアを避けるということではない」
次の記事:
「少しの間嫌いになるかもね」アンリ、親友ヴィエラとの指揮官として初対決に意気込む
次の記事:
Y・トゥーレが「ピケの10倍良い」と絶賛する選手は?ベスト11にはなんとアタッカー6人!
次の記事:
セリエAの人種差別問題、伊サッカー連盟会長が厳しい対応へ…“即座に試合中断”を検討
次の記事:
アーセナルにこだます“不協和音”…敏腕スカウトが上層部と軋轢で退団か
閉じる