ガラタサライ指揮官、長友の残留を熱望「よく適応してくれた。来季以降も…」

コメント()
2018-03-16 Yuto Nagatomo Galatasaray
ガラタサライと長友に相思相愛?

ガラタサライのファティ・テリム監督が、改めてDF長友佑都の残留を望んだ。イタリア『fcinternews』が報じている。

長友は今冬、インテルから1年のレンタルでガラタサライへと加入。またたく間に指揮官の信頼をつかみ、左サイドバックの定位置を勝ち取った。17日に行われたフェネルバフチェとのダービーマッチにもフル出場を果たし、勝ち点1獲得に貢献している。

テリム監督は試合後に長友について言及し、来シーズン以降もチームにとどまることを望んでいる。

「彼がいてくれるのはとても良いことだね。我々のフットボールによく適応してくれている。来季も我々とともに戦いを続けてくれることを望んでいるよ」

長友は自身のTwitterで度々トルコのサッカー熱に圧倒される様子を投稿しており、ガラタサライに居心地の良さを感じている。相思相愛とも言える関係だが、来季以降もトルコでのプレーを続けることになるのだろうか。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる