ニュース 試合速報・結果
セリエA

ガットゥーゾ、ダービーで痛恨の判断ミスの19歳ドンナルンマを擁護「守備全体の責任」

17:57 JST 2018/10/22
Goal-live-scores
ミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督はインテルとのダービーに敗れ、悔しさをにじませた。

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾは21日、ミラノダービー終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、敗戦の弁を述べた。

ミランは21日、セリエA第9節でインテルとのミラノダービーへ挑んだ。試合はスコアレスドローのまま終盤まで進んだが、92分、インテルのエースFWマウロ・イカルディに決勝ゴールを許し、0-1で敗れた。ミランは期待されたパフォーマンスを見せることができず、指揮官のガットゥーゾは苦い思いを口にした。

「試合が0-0で終わってくれれば良かったのだが。非常にフィジカルが強い相手に選手たちは良くやってくれた。セットプレーを何度も与えてしまい、簡単ではなかったが良く耐えてくれていた。最後の15~20分間はスペースがある中で何度かボールを持てたのだが、ラストパスを失敗し、活かすことができなかった。残念だ。敗北は痛いし、ガッカリしている。だがインテルは我々より上回っていた。前を向いて行きたい」

試合終了の数秒前の失点シーンでは、GKジャンルイジ・ドンナルンマが判断ミスを犯し、イカルディの決勝ゴールへとつながった。だがガットゥーゾは、19歳の守護神を擁護した。

「ディフェンスライン全体のミスだ。誰か1人の責任を追及することはしない。全員の責任だ。負けるときは全員一緒。傷口は痛いが前へ進んでいく。今日は勇気が足りなかった」

またミランの闘将は、74分にMFハカン・チャルハノールに代えて、FWパトリック・クトローネを投入した理由を説明した。

「チャルハノールはかなり消耗していたので、交代させた。後半は苦しむ場面がなかったので、チームの形は変えたくなかった。クトローネがあのポジションでプレーすることはよくあるので、運動量を保証してくれると考えた」

ミランの次戦は25日、ヨーロッパリーグでMF乾貴士の所属するベティスとの対戦になる。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ