ニュース ライブスコア
オランダ

オランダ代表歴代最多133キャップのスナイデル、オランイェでのラストダンスへ…W杯の日本代表戦でも得点

13:36 JST 2018/08/23
2018_8_22_Sneijder3
ヴェスレイ・スナイデルが最後のオランダ代表招集を受けた。

オランダサッカー協会(KNVB)は22日、同国代表メンバー34名を発表した。

ロシア・ワールドカップ出場がかなわなかったオランダは、ロナルド・クーマン監督の下で再スタートを切っている。今回、来月に行われるUEFAネーションズリーグ2018-19、そしてペルー代表との国際親善試合に向けて暫定的な34名を招集した。

そして、ペルー戦に臨むメンバーとして、オランダ代表のレジェンドであるヴェスレイ・スナイデル(アル・ガラファ)も招集。同国史上最多133キャップを誇るスナイデルは、今年3月に代表引退を表明しており、ペルー戦が最後の試合となる。スナイデルはワールドカップで17試合に出場して6得点を記録。準優勝した2010年南アフリカ大会のグループステージ、日本代表戦でもゴールを記録した。

そのほかでは、DFヴィルヒル・ファン・ダイクやMFケヴィン・ストロートマン、FWユースティン・クライファート、FWメンフィス・デパイらに加え、アヤックスの21歳MFフレンキー・デ・ヨングが初招集を受けている。

オランダは、9月6日にペルー戦、同9日にUEFAネーションズリーグ2018-19のリーグA、グループ1の初戦でフランスとのアウェー戦を迎える。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ